トップページブログ > 「千葉市少年自然の家へ行こう!」

ブログ
BLOG

「千葉市少年自然の家へ行こう!」

こんにちは!

今月から千葉市子ども交流館のスタッフが順番にブログを更新して、

子ども交流館の講座やイベントなどをご紹介させて頂きます。

どうぞよろしくお願い致します。

 

さて、今回ご紹介させていただくのは、10月9日(火)に行われる

「千葉市少年自然の家へ行こう!」です。
長生郡にある「千葉市少年自然の家」で、クライミングウォールに挑戦しましょう!

クライミングウォールとは、人工壁を素手やロープをつけて登るスポーツです。

「千葉市少年自然の家」では、3mまでの高さをなにも使わずに登る「ボルタリング」、

6m、9mの壁をロープとハーネスを使って登る「トップロープクライミング」を行っています。

 

「3mや6mも登るの~? ちょっとこわ~い!」

 

最初はみんな同じ気持ちです。でも大丈夫!

みんなで事前にクライミングウォールについてのビデオを見たり、
指導者養成講習を受けた引率者の下で、安全第一にクライミングを行います。

ボルタリングの練習を数回するうちに「壁登りのコツ」がつかめ、
ほとんどの参加者がなにもつけずに3mの壁を登れるようになります。
ボルタリング 

次は「トップロープクライミング」。

ハーネスにロープをつけて、6mの壁に挑戦です!
下から応援するみんなからも
「右、右!赤い石!」「もう少し上に足をかけて!」と、声援が上がります。
        
登る人、ロープを任されるホールドという役、大きな声で応援する仲間。

クライミングウォールは個人競技ではなく、チームプレイです。

6mを登り、頂上の鈴を鳴らした時は、みんなから大きな拍手です。

         
        

「千葉市少年自然の家」では、

 『クライミングウォールは、スポーツ的要素だけではなく

 「壁を登る」という行為を通して自分自身と向き合う、

 自分自身の限界に挑戦することを目的としている。

 互いに支えること、声援を送ることで、

 仲間とのつながりを意識するといった要素をもつプログラムである。

 また安全に活動を行うことの大切さを、実感することができる。』と、
紹介しています。
 

クライミングウォールは参加者全員に一体感が生まれる、
とっても有意義なプログラムです。
 

お昼は、好きなものを食べたいだけ食べられるランチバイキングです。
麦茶やオレンジジュース、牛乳も飲み放題。
(飲みすぎ、食べ過ぎには注意しましょう。)

 
お昼を食べたあとは、ハイキングコースの散策です。

ハイキングコースを散策しながら自然の中の「おもしろい形」をしたものや、
「きれいな色」をしたものを拾い集めてつくる「森の宝箱」という
自然観察プログラムを行います。
 

一人ずつケースを持って自然の中の「おもしろい形」をしたものや、
「きれいな色」をしたものを拾い集めて、「森の宝箱」をつくります。

   
千葉市少年自然の家には、ふだん生活している中では見かけない、
おもしろい形をした葉や、きれいな木の実などがたくさんあります。
 
それらを集めて自分だけの宝箱を作りましょう。


 

楽しくおしゃべりをしながら歩いていると、色んな虫や鳥たちとも出会います。

自然の中のお散歩はわくわく・どきどきがいっぱいです。
 
 

学校や学年が違ってもすぐにうちとけて仲良くなれるのが子ども達のすごい所。
昨年の帰りのバスの中では「また交流館であそぼうネ!」と約束をしていました。
 

クライミングウォールに挑戦して、自然の中を散歩して、
秋休みの1日を楽しくすごしませんか?
 

対象年齢は小学3年生~中学1年生
参加費は小学生1,000円 中学生1050円です。
 
尚、クライミングウォールのハーネスのサイズ上、
ウェスト52cm以上の方に限ります。
又、当日のプログラムは前後する場合があります。
ご了承ください。
 

お申込みは9月13日(木)午前9:00より、お電話または受付カウンターにて承ります。
千葉市子ども交流館 電話番号 043-202-1504

 ご参加をお待ちしています!

 関連チラシ pdfファイル(185kb)
 
 
 

カテゴリー: 投稿日:2012年09月01日 投稿者: