トップページ > ブログ

ブログ
BLOG

「中高生が教えるプログラミング教室」開催!!

昨年夏から実施している、「中高生が教えるプログラミング教室」を8/18(火)に開催しました。
今年はコロナウイルス感染予防の影響もあって、開催が危ぶまれましたが、
人数制限や消毒・フェイスシールドの着用など対策をすることで開催することができました。

今年も昨年同様、「CoderDojo若葉若松」(※1)と「サクラテンペスタ」(※2)の
みなさんにご協力いただきました。

※1:CoderDojoとは…
 7歳~17歳までを対象とした子どものためのプログラミング道場です。
 2011年にアイルランドで始まり、今では世界100か国・1800の道場があり、 
 日本では180以上の道場があります。

※2:サクラテンペスタとは…
 世界最大のロボコンFIRST Robotics Competition(FRC)に参加している 
 千葉県の普通科に通う中高生で構成されたロボット競技チームです。
 FRCは資金集めからロボット製作まで生徒だけで行うのが特徴で企業と 
 スポンサー交渉を行ったり、クラウドファンディングで資金を募ったりもしています。

「こどもたちによる、こどもたちのための、プログラミング教室」ということで、
今回の講師は参加してくれた人たちとほとんど歳の変わらない人たち。
初心者クラスを担当してくれたAくんは小学6年生です。

中高生が教えるプログラミング教室

初心者クラスでは「ねこにげゲーム」を作りました。
ねずみを十字キーやマウスで操作して追いかけてくるねこから逃げるゲームです。

中高生が教えるプログラミング教室 中高生が教えるプログラミング教室

はじめはすべるような動きをしていたねずみも足の動きをつけて、
より動物らしい動きにしました。
お兄さんがそばで見守ってくれて、うまくいったらハイタッチ!
楽しみながら、進めていきます。

中高生が教えるプログラミング教室 中高生が教えるプログラミング教室

一通り、プログラムが完成したら、自分たちでアレンジを加えていきます。
ねこに捕まったら「GAME OVER」の文字を表示させたり、
タイマーで時間を表示させたり。

ねずみの天敵ってなんだろう??と考えて
猛禽類(もうきんるい)のフクロウを登場させた人もいました。

思い思いにいくらでもアレンジできるのが、
プログラミングのおもしろさのひとつですね!

ちょっとパソコンができる人を対象にした初級クラスは「ブロック崩しゲーム」を作りました。ブロックにボールをぶつけて消していくゲームです。単純だけど夢中になってしまうこのゲーム。やったことのある人も多いのではないでしょうか。こちらの講師は中学1年生のYくん。

中高生が教えるプログラミング教室

今回は内容が少しむずかしく、たくさんのプログラムを書かなくてはいけないので、
一人ひとりにテキストを用意してくれました。

中高生が教えるプログラミング教室 中高生が教えるプログラミング教室

ボールの跳ね返り方を指示したり、ボールが当たった時のブロックの態様を指示したりと、
単純に見えたゲームもたくさんのプログラムからできていることがわかります。

中高生が教えるプログラミング教室 中高生が教えるプログラミング教室

気が付けば、みんな無言になっていました。
わからなくなってしまっても、すぐにお兄さんたちが駆けつけてくれます。

中高生が教えるプログラミング教室 中高生が教えるプログラミング教室

最後にサクラテンペスタの方からごあいさつがありました。
リーダーの寺崎くんと立崎さんです。
立崎さんは3Dプリンターでフェイスシールドを製作し、
医療機関に寄付をする活動も行っていて、製作費・輸送費は
サクラテンペスタが支援しています。
そして、この活動はテレビや新聞にも取り上げられました。

中高生が教えるプログラミング教室 中高生が教えるプログラミング教室

プログラミングに興味のある方は、CoderDojoや
サクラテンペスタなど活躍の場を広げてみてはいかがでしょうか。

ご参加いただきましたみなさま、ご協力いただきました「CoderDojo」、
「サクラテンペスタ」のみなさま、ありがとうございました!

カテゴリー: 投稿日:2020年09月10日 投稿者:千葉市子ども交流館

千葉市子ども交流館の感染症対策です。

ブログの更新が久しぶりとなりました。
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2月29日から約3か月の臨時休館を経て、
6月1日から再開した千葉市子ども交流館の感染症対策をご紹介いたします。
「新型コロナ下で市民生活を送るための道しるべ」を参考に、
スタッフで知恵を出しながら行っております。

エントランス特設受付 検温
きぼーるに着いて、エスカレーターで3階へ上がると「特設受付」があります。
まずは、こちらで「検温」と「健康チェック」にご協力ください。
ご来館の際は、マスクの着用とせきエチケットにもご協力ください。

千葉市子ども交流館の「登録カード」をご用意ください。
「登録カード」を忘れた人、持っていない人は健康チェックの時に職員にお伝えください。

予約券をもらう 手洗いはこちら

健康チェックが終わったら、遊びたいものの番号札をもらいます。
館内に入る前に手を洗いに行きます!

手洗い場 手洗い場

石けんで20秒から30秒しっかり手を洗って、お水で良く流し、そなえつけのペーパータオルでよくふきましょう。

ロビー ロビー

「登録カード」を持っている人は「左」へ、カード忘れや初めての方は「右」へ進んでください。
カード忘れや初めての方は、カード発行の手続きをいたしますので、受付スタッフが対応いたします。

受付カウンター 受付カウンター

受付カウンターはビニールシートをつけさせていただき、
筆記用具もその都度消毒をしています。
お並びいただくときに、間隔をあけていただくため足元に目印をつけています。
(ビニールシートは防炎加工のものを使用しています。)

入館 アリーナ道具貸し出し

さあ、入館です。
「登録カード」を入館のリーダーにかざしてください。
そのあとに、予約をした場所へ行きます。

アリーナの道具を借りる人は、カウンターで貸し出していますので番号札と交換です。

アリーナ靴置き場 道具返却

アリーナのシューズボックスは使えませんので、脱いだ靴は決められた場所に置いてください。
使い終わったラケットやボールは、受付カウンター前の「返却」かごに入れて下さい。

DVD受付 DVD受付

DVDブース

5階DVDのコーナーを使う人は、受付にいる職員に番号札を渡してください。
DVDを観る場所は椅子をふたつだけにして、離して置いてあります。
今までのソファーと違い、少し居心地が悪いかも知れませんが、どうぞご了承ください。

パソコンコーナー 

パソコンコーナーを予約した人は、パソコン受付の職員に番号札を渡してください。
パソコンは5台しか使えません。

プレイルーム プレイルーム

※9月19日追加・修正

9月19日現在、プレイルームの利用は、
① 9:00~ 9:45
②10:00~10:45
③14:00~14:45
④15:00~15:45
3歳以上、小学2年生のお子様と保護者、親子10組(最大20名)という
制限をかけさせていただいております。

「きぼーる」の建物自体が窓が開かない構造のため、充分な換気ができません。
そのために、時間と人数を制限させていただいております。
プレイルームの利用中は、
小さめのサーキュレーター(小さいですが風力はかなりあります。)を
クリーンタイムの時間中は大きなサーキュレーターをぶんぶん回して
空気を循環させています。

図書コーナー 本を取る前に手指消毒をお願いいたします。 

5階図書コーナーの書棚にもビニールシートをしています。
本を手に取る前に、手指消毒をしてください。
読み終わった本は元に戻してください。(9/21更新)

スタジオ 学習室

4階音楽スタジオは予約したバンドのみの利用です。
利用するバンドの方は入室して50分後に5分間扉を開放して
サーキュレーターで空気循環を行ってください。

4階学習室は、定員12人とさせていただきます。
利用時間は各利用時間内。出入口のドアは開放いたします。

スタッフも毎日検温と健康チェックを行っております。

感染症予防のため、今まで通りの使い方ができませんが、
安全に利用していただくため、スタッフ一同努めておりますので、
ご理解とご協力をお願いいたします。

 

カテゴリー: 投稿日:2020年07月04日 投稿者:千葉市子ども交流館

今年は子年!ロビーの長椅子が「ねずみちゃん」でーす♪

きぼーる3階の千葉市子ども交流館のロビーには、そらまめの様な長椅子があります。

一年間ご利用いただいた長椅子は、受付スタッフが洗剤でごしごしと汚れを落として乾かし、
ほころんだ箇所を覆い隠すようにアップリケを縫い付けています。

ご来館の皆様にはすっかりお馴染みになった、
この長椅子の「干支」アップリケ。

今年の干支が「子」ということで、さらにバージョンアップしています!

子年バージョン 子年バージョン

子年バージョン 子年バージョン

子年バージョン 子年バージョン

子年バージョン 子年バージョン

子年バージョン 子年バージョン

かわいい「ねずみ」や「はりねずみ」が、手作りアップリケで長椅子を飾っています^^
このアップリケは、受付スタッフがアイディアと端切れの生地を持ち寄って、
年末からチクチクと縫い付けている作品です。
そうなんです。全部手縫いなんです!!

今回は6作目となりますが、2015年から継続している「干支シリーズ」はこちら!

2017年の「酉年バージョン」はこちら
(2015年未年、2016年申年バージョンはこちちらのページに数枚の画像があります)

2018年の「戌年バージョン」はこちら

2019年の「亥年バージョン」はこちら

大きな長椅子の飾り付けは短時間では出来ないので、
受付スタッフが業務の合間に、代わる代わる手作業で縫い付けてくれました。
生地はスタッフが持ち寄ったあまり布です。

そして今年の大作はこちら!
子年バージョン

日本の昔話「ねずみの嫁入り」を題材にさせていただきました!
もう、こうなるとミュージカルのような壮大な演出・・・^^;

昔話「ねずみの嫁入り」のおはなしをざっくり書きますと・・・

『昔あるところにねずみの娘さんがいました。
お金持ちのお父さんねずみは、娘さんをこの世で一番強い「太陽様」に
お嫁にもらってもらおうとしました。
しかし、太陽は自分は「雲」に隠されてしまうから「雲」が強い
「雲」は自分は「風」に吹かれてしまうから「風」が強い
「風」は自分は「壁」にはばまれるから「壁」が強い
「壁」は自分は「ねずみ」に穴をあけられるから「ねずみ」が強い
と、いうことになり、ねずみの娘さんは結婚を誓い合っていたねずみの若者と
めでたく結婚して末永く幸せに暮らしました』

というおはなしです。

「ねずみ」が主役のおはなしを絵本のように飾り付けました♪

子年バージョン 子年バージョン

子年バージョン 子年バージョン

子年バージョン 子年バージョン

子年バージョン 子年バージョン

来館されたお客様からは、「すごーい!」「感動します!」と
嬉しいお言葉をいただいております。
お母さんが小さなお子様に、指で示しながらおはなしをしてくださる姿に、
受付スタッフはほっこりしております。^^

ご来館の際は、ぜひロビーの椅子をご利用くださいね♪

カテゴリー: 投稿日:2020年01月27日 投稿者:千葉市子ども交流館

1 2 3 4 5 6 49