トップページ > ブログ

ブログ
BLOG

米づくり体験クラブ 第9回!

皆さん、こんにちは!
徐々に肌寒くなってきて、一歩、また一歩と秋から冬に移り変わってきているように感じます。

さて、10月の20日と11月の3日に米作り体験クラブがありました。

まず10月20日。この日は、古代米の稲刈りとおだかけを行いました。
基本的なことは前回と同じ作業ですが、前回のコシヒカリとは違い今回は注意する点があります・・・

それは・・・今回の古代米の田んぼは泥が少し深いのです!

職員も服に泥がつかないようにしっかりとガムテープでコーティングして稲刈りに臨みます!

さぁ稲刈りがスタートしました!
大人の方たちがどんどん稲を刈り、子どもたちがその稲を束ね、おだかけをするために持っていきます!

途中で職員が転倒!
着ていたジャージが泥まみれに!あらら・・・

午前中には稲刈りも終わり古代米の田んぼもこのようになりました!

さぁ、ここからは稲刈りをしていた人もおだかけに参加します。
稲を束ねる人と、束ねた稲をおだに掛ける人に分かれて作業をしていきます。

途中、参加者の子どもがカヤネズミを捕まえてきました。
とてもかわいく他の子どもたちも興味津々で虫かごに入ったカヤネズミを見ていました。

参加者の中には川に入り魚を捕まえている子もいました。
さて、大物は釣れたのでしょうか?

無事おだかけが終わりました。

さぁ続いて11月3日!
この日はまず、藁を田んぼに投げ入れる作業を行いました!
何故、藁を田んぼに投げ入れるのかと言うと
藁は稲の生長を促すカリや窒素、リン酸を含むため、肥料として最適といわれています。

皆さん一斉に並んで藁を田んぼの中に投げていきます。
どんどん投げて藁で田んぼを埋めていきます。

一通り投げ終わったら、脱穀開始です!

前回の脱穀と同じように、この脱穀機を使用して稲を脱穀していきます

今回は参加者の子どもたちと一緒に前回行った脱穀できていない稲を藁から回収をする作業を行っていきます。

どんどん脱穀をしていき、お昼には脱穀をすべて終わりました。
今回はたくさんの子どもたちや大人の方たちが協力をした結果、なんと予定していた時間よりもとても早く終わってしまいました!
みなさんお疲れさまでした!

今回の脱穀で、田んぼで行う体験はすべて終了しました。
さぁ、次回は場所を変えて千葉市の農政センターにて脱穀したお米の籾摺り(もみすり)を行う予定です!

米作り体験クラブも残すところあと2回となりました。
最後まで元気よくお会いしましょう!

カテゴリー: 投稿日:2018年12月02日 投稿者:千葉市子ども交流館

親子のコミュニケーションクッキング「森永乳業出張料理講習会 M’S Kitchen」

11月3日(祝・土)は親子のコミュニケーションクッキングが開催されました!
今回は森永乳業出張料理講習会「M’S Kitchen」の講師をお招きして、
乳製品を使って簡単に作れて、カルシウムが摂れるメニューを親子で学びました!

献立は「くるくるサンド」と「ベリーのヨーグルトドリンク」です。
 
(上記画像はM’S Kitchenウェブサイトより引用させていただきました。)

先生のデモンストレーションのあと、親子でクッキング開始です!
簡単メニューですが、まきまきするのは意外とむずかしい・・・
 

 

 

作った「くるくるサンド」と「ベリーのヨーグルトドリンク」を試食したあとは
クイズも交えて「カルシウム」のお話です。
 

「カルシウムってどうやってできるの?」
「カルシウムってなぜ必要なの?」
「カルシウムを効率よく摂るには何を食べればいいの?」

子どもたちにもわかりやすい言葉で教えてくださいます。

特に「朝食」の重要性をお話していただき、
「体内時計は朝ごはんを食べた時から動き始めるんだよ~
 だから毎日の生活リズムを整えて、しっかり朝ごはんを食べないと
 勉強も運動も充分にできないんです。」

そして、子どもと女性は「カルシウム」をしっかり摂る事が
健康に生活するために大事である事、それには乳製品を意識して摂る事を
教えていただきました。

今回のメニューで1日に必要なカルシウムの半分が摂れるんだって!

1日コップ2杯の牛乳と、チーズやヨーグルトなどの乳製品を摂ることを
心がけましょう!
そして、食事の時に摂るのが効率が良いそうです!
どうしても食べる時間がなくて困った時は、コップ1杯の牛乳だけでも飲んでね!

とっても勉強になりましたね♪
M’S Kitchenスタッフの皆様、ご参加いただきましたみなさま、
ありがとうございました!

カテゴリー: 投稿日:2018年11月10日 投稿者:千葉市子ども交流館

米づくり体験クラブ 第7回、第8回!

みなさんこんにちは!

秋らしい日々が続くようになり、朝夕はめっきりと冷え込むようになりました。
皆様、お体の調子はいかがでしょうか?

9月の8日と29日に米作り体験クラブがありました。

まず9月の8日、この日はコシヒカリの収穫と「おだがけ」を行いました。
皆さん「おだがけ」というのはご存じでしょうか?

おだがけというのは竹や木材などを使用して、刈り取った稲を干す作業の事を言います。
稲を逆さに干すことによって、アミノ酸や糖等がお米の粒に下り栄養とうま味が増すと言われ、
お米の味をおいしくするための大切な作業なのです。

今回は稲刈りをするグループとおだがけをするグループに分かれ作業を行いました。

さぁ、稲をどんどん刈っていきます。

稲を刈ったらすぐおだがけを行い干していきます。
この日は気温が高く、休憩を挟みながら作業をしていきました。

お昼になりお弁当を食べた後も稲刈りは続きますが、
開始する前にインストラクターの先生方からお米に関するお話をしていただきました。

ここの田んぼでの稲穂の数や稲の本数を計算して、
1杯のご飯粒の数や1年で食べられるご飯の数を計算していきました。
皆さんは、1枚の田んぼで取れるお米の量で何人が1年間食べられるか知っていますか?

なんと、おおよそ1.5人。2人にも満たしません。
聞いていた子ども達もとても驚いていました。
さあ、お話を聞いた後は稲刈り再開です。

もう一つの田んぼもどんどん稲を刈っていきます。

皆が頑張って刈った結果、稲が沢山あった田んぼが・・・

このようになりました。
稲を全部刈りとって、この日の作業は終了しました。

続いて、9月29日の「脱穀」となります。
本来でしたら一週間前の22日に行う予定でしたが当日の雨天で29日に延期になりました。

脱穀はこの機械を使用して行いました!
子ども達もこの機械に興味津々、脱穀を行う際に稲と籾を分けていく際に籾が機械の前方から飛び出してくるのですが、
これにも子ども達も面白そうに見入っていました。

今回は大人が脱穀をしながら取りこぼした穂が残る稲を集め、
子ども達はザリガニ釣り大会を行いました。

約3週間干した稲を脱穀していきます。
稲の葉っぱ等はとても鋭いので気を付けて運んでいきます。

脱穀が完了した稲はこちらの青い袋に飛び込むように入っていきます。

ところ変わってこちらはザリガニ釣り大会!

ザリガニの他にもスジエビやメダカも捕まえました。

脱穀が終わったところでお昼になりました!
お昼のお弁当を食べていると雨が降ってきてしまったのでこの日の米作りはここまでとなりました。

さて、次回の米作り体験クラブは、コシヒカリと一緒に植えた古代米の稲刈りとなります。
今年の米作り体験クラブも残りわずかとなりました。次回も楽しくお会いしましょう!

カテゴリー: 投稿日:2018年10月28日 投稿者:千葉市子ども交流館

1 2 3 4 5 6 40