トップページ > ブログ

ブログ
BLOG

わくわく運動遊び

今回は、わくわく運動遊びについてご紹介します。

わくわく運動遊びは、2歳児、3歳児とその保護者の方向けの運動講座です。
千葉市スポーツコーチャーによる丁寧でわかりやすい指導が、たいへんご好評をいただいています。

それでは、わくわく運動遊びがどのように行われているか、ある日の様子をご紹介しましょう。

(活動の流れ:例)
 9:50~  入室
        出席確認・名札付け・ごほうび帳にシール貼り
10:00~  講座開始
        集合・挨拶
        ストレッチ
        ♪リズム体操
        音楽に合わせて歩く・ジャンプなど
        親子でふれあいながら柔軟体操&筋トレ
        ♪リズム遊び(ハグしちゃお)
10:45~  休憩・水分補給
11:00~  ボール遊び(転がす・キャッチ・投げる)
        雑巾がけ
        ♪手遊び(げんこつ山のたぬきさん)
        次回のお知らせ
        挨拶・終了 

(活動の様子)




その日の年齢や人数合わせ、さまざまな用具を用いた用具を用いた運動遊びを取り入れています。
(フープ遊び、マット運動、大縄跳び、新聞紙遊びなど)

また、ご家庭でも取り入れる事が出来るようなふれあい運動も沢山行っています。

 

最初は難しい運動も、継続して行うことで少しずつ出来るようになっていき、
それがお子さまの自信に繋がり、チャレンジ精神や向上心を育てます。

初めて集団に入るお子さんも、回を重ねる毎に慣れ、
徐々に参加できるようになっていきますので、ご安心ください。

子どもたちは活動を通して、
集団の中で話しを聞く、指示を理解して行動する、返事や挨拶ができる
といったさまざまな事を学んでいきます。

また、同年代のお子さまを持つお母さま同士が交流できる良い機会でもあります。

皆さまのご参加を、心よりお待ちしております!

<わくわく運動遊び>
開催日:毎月第2・第4水曜日

・時間:10:00~11:30
・場所:3階アリーナ
・対象:2歳児3歳児の親子(混合で行います)
・定員:25組
・参加費:500円(1回)
・持ち物:うわばき・飲み物・タオル・着替え
(※当日は親子共に動きやすい服装でお越しください)
<講師>山本泰子先生(千葉市スポーツコーチャー)

カテゴリー: 投稿日:2015年05月04日 投稿者:

なかよしクッキング☆

寒さが薄れ、すっかり春の訪れを感じる季節となりました。

今回は318日に行われた調理講座の様子についてご紹介したいと思います。

見て楽しい、食べても美味しい『春のまきずし』を4歳~6歳のお友達が作りました。

 

 

 

巻きすを使う講師の先生の手つきをじっと見ながら、コツをつかんでいきます。

小さな手でも、上手に使えるかな?

食べたい気持ちを抑えつつ、くっついてくる酢飯と格闘しながら

具材を綺麗に並べていきます。

 

出来あがった切り口の見事さにみんな大喜びでした。

そして一口食べてみると、自分たちで一生懸命作った巻きずしはとってもおいしかった様です。

桃の花びらはほんのりピンク色で彩りがとても華やかです。

ひな祭りやお祝い事と、春のお寿司にぴったり。

 

次回も、楽しい献立にチャレンジしていきたいと思いますのでぜひお楽しみに☆

皆様のご参加をスタッフ一同心よりお待ちしています。

カテゴリー: 投稿日:2015年03月25日 投稿者:

もういくつねると・・・ひなまつり!

むかしむかし、おとなりの国、中国では、お米の苗を植える前の大切な時期に、水辺で体を清め
る、という大事なしきたりを行っていました。
この行事は、災いが起きやすいとされる、3月に入って最初の巳(み)の日に行われていました。
日本の「流しびな」は、この影響を受けています。更に、ひな祭りを上巳(じょうし)というのも、
ここからきています。
一方で、平安時代の日本では、身分の高い家の女の子の間に、「ひいな遊び」というお人形遊び
が流行りました。そして、室町時代の終わり頃から、ひなを飾るようになり、江戸時代に入ると、
流しびなとひいな遊びが結びついて、現在のように蛤汁など、ご馳走を用意したスタイルの、桃の
節句になるのです。
ひな祭りに限らず、日本の五節句には穢(けが)れを払う祈りが込められています。

 

さて、子ども交流館では、季節の行事にあった講座を様々に提供しています。今回は、調理講座
から、オープンキッチンの内容を、少しだけご紹介しますね。

   

月に1回のオープンキッチンでは、毎回大変ヘルシーなメニューを紹介しています。例えば、
豆腐マヨネーズ。絹豆腐1丁を凍らせて解凍後、手のひらに豆腐を挟んでギュッと水を絞ります。
そこに、大さじ2杯半の味噌とお酢を入れて、フードプロセッサーにかけたら出来上がり‼
この、凍らせたお豆腐を水切りして使った料理は、他にも、豆腐ナゲット、豆腐キッシュ。更に、

水切りせずに豆腐をそのまま白玉粉に混ぜて、もちもちの豆腐団子にして、おはぎを作ったり、

ホットケーキミックスに加えて、ピザの土台にしたり、様々なレシピに挑戦しています。

   
ちなみに、3月はいちご大福。春爛漫の日に、ぜひ一緒に作ってみませんか? お待ちしており
ます。そうそう、声を掛けていただければ、これまでのメニューのレシピも、お渡ししますね。

 

今回のブログは、豆腐料理のエキスパート・高山昌子が、お届けしました。

カテゴリー: 投稿日:2015年02月28日 投稿者:

1 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 54